不用品回収コラム

2021.01.08
ゴミの処分方法

不要になった冷蔵庫を処分する方法と費用

不要になった冷蔵庫を処分する方法と費用

引っ越しや買い替えで、不要になった冷蔵庫を処分することになったとき…処分方法に悩まれたことはありませんか?
自治体で有料の粗大ゴミ回収に出そうとお考えの方…冷蔵庫は家電リサイクル法の対象になりますので、その法に定められたとおりの適切な処分が必要になってきます。不法投棄は犯罪になってしまいますので、ご注意ください。

今回は、正しい冷蔵庫の処分方法について、

  1. 家電量販店に依頼する
  2. リサイクルショップに依頼する
  3. 不用品回収業者に依頼する

上記3つの処分方法をお伝えしていきます。

家電量販店等に依頼する

家電量販店等に依頼する場合、新しい冷蔵庫に買い替える際に古い冷蔵庫を回収してくれますが、買い替えではなく不要品としての冷蔵庫の回収のみを依頼することも可能です。
それは、家電量販店は消費者からの廃棄物の引き取り依頼に応じるよう、家電リサイクル法で義務付けられているからです。

家電量販店に依頼する際の流れ

では、その流れをみていきましょう。

新しい冷蔵庫に買い替える場合

この場合はいたってシンプルです。購入時に、古い冷蔵庫を回収してほしい旨を伝え、手続きをして必要な金額を支払います。
この場合に発生する費用は、以下の2つです。

  • リサイクル料金
  • 収集運搬料金

新しい冷蔵庫を購入したからといって、無料で回収してもらえる訳ではありません。古い冷蔵庫を処分するための料金は別途必要となりますので、注意してください。

不要品として回収のみを依頼する場合

家電量販店等は、やはり家電リサイクル法により、過去に販売した特定の廃棄物の引き取りを求められた場合、それに応じることが義務付けられています。冷蔵庫を購入した家電量販店等に連絡を取り、回収してほしい旨を伝えましょう。この場合も、「リサイクル料金」と「収集運搬料金」が発生します。

また、引っ越しをして購入した店舗が近くにない、お祝いでプレゼントされて購入先がわからない、インターネットで購入した、等の場合でも、家電量販店等はリサイクル法で指定された家電製品に対しては引き取り義務があります。ご安心ください。
その場合は、お近くの家電量販店等にお問い合わせください。

回収にかかる費用について

リサイクル料金は、冷蔵庫の場合、まず内容積の容量により170L以下は「小」それ以上は「大」に分かれます。
また、メーカーにより値段が違ってきます。主要な国内メーカーの値段を例にあげれば、「小」で税込み3,740円、「大」で税込み4,730円です。
家電リサイクル料金について詳しくはこちら

これにプラス、収集運搬料金がかかってきます。
収集運搬料金は、家電量販店等により差があり、また買い替えなのか、回収のみか、によっても違ってきます。
一般的に、買い替えより回収のみの場合の方が費用は高くなります。ご自身の場合に当てはまる金額を、家電量販店等で確認してみてください。

リサイクルショップに買い取りを依頼する

冷蔵庫が新しい場合は、リサイクルショップに買い取りを依頼するのも一案です。
うまくいけば、費用がかからない上にいくらかの収入を得ることができるかもしれません。
ただし、リサイクルショップに依頼する前に、注意しておくポイントがあります。では、そのポイントをみてみましょう。

リサイクルショップに依頼する際の注意事項

リサイクルショップですので、売れ筋の商品と判断してもらえなければ買い取りは望めません。
出張買い取りサービスがあればよいのですが、持ち込みのみの店舗もあります。
せっかく苦労して持ち込んだのに、買い取ってもらえず持ち帰る…などという羽目にならないよう、しっかり確認しましょう。

リサイクルショップの場合、買い取ってもらえない商品は持ち帰らなくてはなりません。値段がつかなくても引き取ってくれるだけで…と安易に考えると、断られてしまいますのでご注意ください。

以下のようなポイントが引き取りの目安になります。

  • 製造年から5年以内
  • 性能が高い
  • 人気の国産メーカー
  • 使用感がなく綺麗な状態のもの

訳あって美品のものを手放さなければいけない時などには、買い取りが期待できそうです。
気になる方は、一度お問い合わせされてはいかがでしょう。

不用品回収業者に依頼する

冷蔵庫を処分する方法で、最も時間や手間が掛からない方法がこちらです。

多少費用を支払ったとしても、処分に時間や労力を掛けたくない方には最適でしょう。では、その流れをみていきましょう。

不用品回収業者に依頼する場合の流れ

不用品回収業者に依頼する場合、電話またはインターネットで問い合わせるだけで、即日回収も可能です。
依頼すれば、運び出しから処分まですべて行ってくれますので、決まりごとの多いリサイクル家電を処分するわずらわしさから解放されます。

また、ご自身のスケジュールに合わせて回収してもらえる利点も大きいですね。
その分金額は、多少高めになる場合もありますが、業者により様々です。

その上一部の不用品回収業者では、買い取り可能な条件を満たしていれば、回収時に買い取ってくれるサービスもありますので、購入年数の浅いものや美品であれば、問い合わせてみるのも良いでしょう。

ここで気を付けなければならないのは、依頼する不用品回収業者が一般廃棄物処理の許可を持つ業者であるか、という点です。

街中をトラック等で呼びかけ巡回している業者の中には、許可を持たずに回収している場合もあります。
こういった業者にうっかり声を掛けると、高額な回収料金を請求されたり、あるいは義務付けられている家電リサイクル法を無視して不法投棄されてしまうなど、後々トラブルに巻き込まれる可能性もあります。

不用品回収業者に依頼する際に大切になるのは、やはり信頼できる業者であるかという点ですね。
信頼できる業者であれば、まず無料で見積金額を提示してくれる上、納得がいかなければ費用は発生しません。

信頼できる不用品回収業者の見極め方法

では、どのようにして信頼できる業者であるか見極めればよいのでしょうか。
回収業者のウェブサイトをよくご覧ください。

  • 見積もりを取ってくれますか?
  • 料金体系は明確になっていますか?

その辺りをチェックしてみてください。その上で、納得のできる業者に依頼しましょう。

以上、不要になった冷蔵庫を処分する際の主な方法と、それにかかる費用をお伝えしました。

冷蔵庫は、正しく処分することにより、ただの廃棄物としてではなく、有用な部品や材料をリサイクルすることで資源の有効利用と廃棄物の減量に役立ちます。費用は掛かりますが、家電リサイクル法に従って正しい処分方法での廃棄をお願いします。

東京ワンナップでは、冷蔵庫の即日回収も可能です

重い冷蔵庫もお任せください。必要に応じて養生を行い、壁や床を傷つけないよう安全に搬出いたします。

搬出料金は冷蔵庫のサイズに応じて5,000円から12,000円です。
料金表はこちら

お電話頂いたその日の回収も可能!
即日回収なら回収価格から5%オフさせて頂きます。

高年式の国産冷蔵庫なら東京ワンナップが買取可能!

製造から数年の高年式冷蔵庫なら、まだまだ次の方に使って頂けるため、東京ワンナップが高価買取させていただきます。
冷蔵庫の処分にお困りの方は、是非一度東京ワンナップにお問い合わせください。

東京ワンナップは事前にお電話で詳しくお見積もりし、金額を確定させてから回収に伺う明朗会計です。
回収料金が心配なお客様にもご好評頂いております。どうぞ安心してご利用ください。

お問合わせ

お急ぎの方は
お電話ください
お電話で詳しくお見積いたします

その場でお見積が可能です!

受付時間:10時〜19時 年中無休!

  • お問合わせ

    0120-949-942

  • 携帯電話の方はこちら

お問合わせフォーム

お問合わせフォームからも
お見積が可能です

当日または翌営業日に
担当者よりご連絡いたします

安心補償

万が一に備えて
損害賠償保険に加入しています

損害保険ジャパン及びAIG損保に加入しています。万が一の場合もご安心ください。

個人情報取扱事業者 賠償責任保険

最大 2000 万円 補償

請負賠償責任保険

最大 1 億円 補償

ページTopへ